OKINAWAりびん!

石垣島旅行記:日帰りで竹富島へ行ってきた フェリー&石垣島離島ターミナル編

time 2016/04/29

石垣島旅行記:日帰りで竹富島へ行ってきた フェリー&石垣島離島ターミナル編

石垣島2日目は、日帰りで竹富島へ小旅行!

竹富島へは石垣島離島ターミナルから船で約10分、しかも一日に何便も出ているので、アクセスはばっちりのようです。

Airbnb経由で宿泊していたコーラルベイ石垣島から石垣島離島ターミナルへは歩いて10分程で到着です。赤瓦屋根がかわいい沖縄風の建物です。

石垣島離島ターミナル 建物外観

sponsored link

ブログ用に・・・とターミナルの写真を撮っていると、バス乗り場にいた従業員の方が「屋根のシーサーも撮って」と言っていたので撮ってみました。

石垣島離島ターミナル 建物外観

更にカメラをよこせと、私の写真も撮ってくれました。石垣島の人はやさしいですね♪

ターミナルに入ると左右方向のどちらにもいろんなカウンターが並んでいました。

石垣島離島ターミナル 建物内部

竹富島行きの船のカウンターはどっちに行けばいいんだろう!

石垣島離島ターミナル建物内部

とりあえずすぐ近くにあった安栄観光のカウンターで聞くと、竹富島へのフェリーは2社が運航していて、次の船はドリーム観光さんの方が早いよ、とのことだったので、ドリーム観光のカウンターを目指します。

石垣島離島ターミナル 安栄観光

安栄観光とは逆方面の並びにありました。

石垣島離島ターミナル ドリーム観光

乗船料は片道1人600円です。往復割引もありましたが、竹富島では自由に動きたかったので片道ずつ購入することにしました。

石垣島ドリーム観光 乗船券

今回の石垣島への旅は飛行機・宿泊・レンタカー以外は何も予約せず、行くところも決めず、流れにまかせる旅だったので、竹富島へ行くことを決めたのも前日でした。なので竹富島への船も予約していなかったのですが、4月のこの日、平日という事もあってか?問題なく購入することができました。

出航まで時間があったのでターミナル内を探索。

石垣島から行ける離島の観光センターや船舶会社のカウンター、旅行代理店が並んでいます。西表島に行ける、西表島観光センターのカウンターや、

石垣島離島ターミナル内西表島観光センターのカウンター

竹富島行きの船を出しているもう一つの会社、八重山観光フェリーのカウンター。

石垣島離島ターミナル内八重山観光フェリーのカウンター

ANA系列の旅行カウンターもありました。

石垣島離島ターミナル内ANA系列の旅行会社カウンター

フロアにはパンフレット類も充実しているので、行き先のお得情報をゲットしましょう!

石垣島離島ターミナル内充実のパンフレットコーナー

コインロッカーは大中小のサイズが揃っています。

石垣島離島ターミナル内コインロッカー

石垣島トライアスロンっていうイベントがあるんですね。写真パネルの展示を行っていました。

石垣島離島ターミナル 石垣島トライアスロンの写真展示

もちろん売店も。お土産品、サングラスなど、忘れ物はこちらでも購入できそうです。

石垣島離島ターミナル内売店

冷凍の車えびも売られていました。沖縄では車えびの養殖が盛んなんだそうですよ。

石垣島離島ターミナル内売店で売られていた冷凍のエビ

そうこうしているうちに出航時間が迫ってきたので、乗船口へ移動します。

石垣島離島ターミナル 乗船口へ移動

私たちの船は8番口。ターミナルを出て右方面へ進みます。

石垣島離島ターミナル 乗船口へ移動

港とか空港ってワクワクします。

石垣島離島ターミナル 乗船口

この船はどこに行く船なんだろーーー?

石垣島離島ターミナル 船

それにしてもこの日は前日まで曇り時々雨だったのに、見事に晴れてくれました!

沖縄本島もそうですが、沖縄って天気予報が外れることがとっても多い気がします。海に浮かぶ島国の運命なのかもしれませんね。

石垣島離島ターミナル 乗船口

あの船は小浜島へ。

石垣島離島ターミナル 小浜島へのフェリー

8番乗り場、ありました。

石垣島離島ターミナル 8番乗り場

時刻表もありました。いろんな島への船がここから離発着するんですね。

石垣島離島ターミナル 乗船口の時刻表

きました、この船で約15分、竹富島への船旅が始まります。

ドリーム観光 竹富島行きのフェリー

白とオレンジの船体でした。

ドリーム観光 竹富島行きのフェリー

船の中は後ろ側がオープンのこちらの船室と、その先に中1階分低い客室がありました。私は酔い易いのでオープンの客室へ。

時間通りに出航です。宿泊先のコーラルベイ石垣島がみえました。

竹富島行きフェリーから石垣島離島ターミナルを望む

船はぐんぐんスピードを上げます。ものすごい水しぶき!と共にどんどん揺れが激しくなります・・・

が。26時間、鹿児島から那覇までジェットコースターのような船の旅を経験した私は経験値が上がったのです。横になっていれば無問題!ということでずっと横になっていました。それに15分だけだから余裕だもんね。

あっという間に船の音が静かになりました。

竹富島に到着したようです。ほんとうにあっという間でした。

竹富島に到着

あれが竹富島のターミナルですね。

竹富島ターミナル

竹富島観光へと続きます。

sponsored link



sponsored link