OKINAWAりびん!

本部町【ゴリラチョップ】サンゴと魚がいっぱいの天然ビーチはシュノーケル天国だった。

time 2016/09/12

本部町【ゴリラチョップ】サンゴと魚がいっぱいの天然ビーチはシュノーケル天国だった。

こんにちはっ^^

沖縄に住み始めて以来すっかり海遊びにハマってしまい、週末になると自前のシュノーケルグッズを抱え海に入りに行っています。

そんな訳で、今日は最近お気に入りで通いまくっているビーチ、「ゴリラチョップ」をご紹介したいと思います!

本州はゆっくりと秋に向かっているようですが、沖縄はまだまだ海を遊べる気候ですよーー^^

IMG_0944

 

ゴリラチョップってなんよ

ゴリラチョップは沖縄県本島の北部・本部町にあるビーチの名前です。
この場所の本来の名前は分かりませんが、名前の由来となったのはこのビーチにある、この岩。

IMG_1054

どうやらゴリラがチョップしているように見えるから、ゴリラチョップと呼ばれるようになったそうです。

ここはもともと地元の人しか知らない天然のビーチでしたが、あまりにもサンゴがキレイなため知れ渡るようになり、先日広い駐車場とシャワー・トイレといった施設が作られました。

IMG_0942

ゴリラチョップへのアクセス

ゴリラチョップは沖縄本島の北部・本部町にあり、伊江島行きの船が出ている本部港のすぐ隣に位置しています。

那覇からは高速で約1時間の許田ICから更に40分ほど。ただし、許田ICはETC無しレーンが非常に混雑するため、ETCが付いていない場合は20〜30分ほど多めに見ておいた方がいいかもしれません。

IMG_2799

設備は?

去年ここに来た時には道路に面した一部にしか駐車場がありませんでした。
こんな感じで、狭くて停められないことも。

IMG_0948

しかし!今年から?かは分かりませんが、旧駐車場の交差点を曲がった先に、広い駐車場が整備されていました。

IMG_2800

しかも、キレイな建物にはトイレとシャワーが!!!
う、うれしすぎる・・・!

ちなみにこの施設は15:30クローズです。

IMG_2801

新しい建物なのでトイレもキレイ。

IMG_2797

シャワールームにはシャワーブースが10ほどあって、私が行った時は待ち時間もなく利用することができました。

IMG_2798

シャワーは1回100円。3分くらいかな?海水を洗い流すには十分です。
何よりも去年までは自前のシャワー(すごい重い)を持参していたので、その必要が無いのは相当嬉しいです。

IMG_2796

さてさて、新旧どちらの駐車場に停めるかですが、以下を参考にしてもらえればと思います。

———
旧駐車場のメリット
———
・閉門時間がないので、16時以降も停められる
・ビーチエントリーは階段を降りるだけ

———
旧駐車場のデメリット
———
・シャワー、トイレが遠い
・停められる台数が少ない
・中央分離帯がある場所に位置している

———
新駐車場のメリット
———
・広い
・シャワー、トイレが近い
・海へまっしぐらに入れる階段がある(ダイバー向け)

———
新駐車場のデメリット
———
・閉門時間が16時

IMG_2803

 

ゴリラチョップのビーチをチェック!

さてさて、ビーチを偵察です。

新駐車場に車を停めたら、ビーチへ降りる場合は左へ進むと階段があります。
海ぽしゃの階段は駐車場の真ん中にあります。

ビーチはゴリラを挟んで左右に広がっていますが、どちらのビーチも往来可能です。

IMG_0944

ゴリラから右を向くと、新駐車場とトイレ・シャワーの建物が見えます。

IMG_0946

左を向くと、ビーチが広がっています。

IMG_0945

見ての通り日陰はほとんど無いので、パラソルやテント持参がいいでしょう。ちなみにビーチにレンタルショップはありません。

IMG_0950

海の中があまりにもキレイなのでどんどん進んでしまいがちですが、テトラポットの先は船の航路になっているので、遠くまで泳がないよう注意が必要です。

それから徒歩5分くらいにコンビニが1つありますが、事前に全部準備した方がいいですよ。

IMG_0952

本部には備瀬崎というシュノーケルスポットもあるし、散歩が楽しいフクギ並木もあるので、せっかく本部へいくなら1泊して本部を満喫して欲しいと思います!

sponsored link



sponsored link