OKINAWAりびん!

台北&セブ島にいってきました!台北編 その1

time 2018/09/14

台北&セブ島にいってきました!台北編 その1

sponsored link

こんにちはうわぁぁぁぁぁ!

うっかりしていたら、前回のブログ更新からなんと2ヶ月以上も過ぎていました・・・今年の夏もいろんな場所へ行ったりいろんなものを食べたりしてきたので、遅ればせながらブログにしていきたいと思います。

ということで、今年初めに旦那さんと「この夏はどこへ行こうか?」と相談し、決めた行き先は台北&セブ島!

なんだその組み合わせ?と思われるかもしれませんが、那覇−台北便はたくさんあるので台北に行くことは決めたのですが、なんと台北−セブの直行便を見つけてしまったのです。セブ島・・・リゾート地・・・青い海・・・海鮮料理・・・ということで今年は台北&セブ島に決まり!

これから数回に分けて台北&セブ島の旅行記をお送りしたいと思います。

往路の那覇−台北便はピーチ。この便はバンコク−那覇便の乗客の乗降が完了してからの搭乗となります。

往路の那覇台北便はピーチ!

約1時間半のフライトで台北桃園国際空港へ到着!

台北桃園国際空港

印象的な屋根の台北桃園国際空港は広々していてとてもきれい!

台北桃園国際空港

朝便だったせいか入国審査も待ち時間ナシであっという間に通過。電車で街中へ向かう前に空港でやらなければいけないことは3つです。

  1. 台湾&台北の地図ゲット
  2. Wifi登録
  3. 両替

このうち1と2は空港内のツーリストインフォメーション(旅客服務中心)で行います。マップは日本語のものがもらえたよ。

台湾地図

2のWifi登録ですが、台北ではSIMやルーターは借りず、公共Wifiに頼ることにしていたので「iTaiwan」という無料Wifiサービスの登録を行います。まずはツーリストインフォメーションで事前登録を行ってもらい、その後自分の端末で登録を行います。

台湾Wifi登録方法

この「iTaiwan」、接続できる場所が限られているのと電波の弱い場所が多いので使い心地はそれほど良くないです。無料なので仕方ないですが、調べ物をしたりSNSで連絡を取り合うなど安定した接続が必要な場合は、Wifiがあるカフェやホテルなどで行うのがよさそう。

3の両替は一番最初に目に入った両替所で(レートは良くないので、必要最低限のみ)行いました。

さ、空港から台北駅まではMRTという電車で向かいますよ。

台北MRT

MRTに乗ってびっくりしたのは、充電器が用意されていたこと!充電器を自分のスマホに挿し、指定の台の上に置くと充電が始まります。便利〜!

台湾MRT充電器

空港から台北駅までは35〜50分で到着!日本と違うようで同じ、同じようで違う車外の風景を眺めていると、あっという間に到着してしまいました。

今回宿泊したのは台北駅から徒歩5分の「蘭庭商務旅館(Lanting Business Inn)」というビジネスホテルを予約していました。ホテルについては別記事にまとめたいと思います。

ホテルに荷物をおいたら、時間は11:30。ムフフ、お昼ご飯へ出かけるのにちょうどいい時間♪ということで、みんなに「定番過ぎるけど、やっぱり行ったほうがいい!」と激推しされた「鼎泰豊」へ向かいました。

鼎泰豊

噂通り並んではいましたが、デパートの地下にある店舗だったのでいろいろ眺めているうちに番号が呼び出されました。

鼎泰豊についても別記事にまとめたいと思いますが、後日もう一度訪れるほど気に入ってしまったのであります。

鼎泰豊の小籠包

腹ごしらえをしたら地下鉄に乗って台北101の展望台へ。煙と何とかは高いところが好きなんですね・・・笑

地上101階の建物はてっぺんまでカメラに収めるのが大変!周りにいた他の観光客の方たちも写真を撮るのに首が折れちゃいそうなくらい上を見上げていました。

台北101

ぶっちゃけ、ここは高いっていうだけで他にあんまり見るところ無いのですが、せっかく来たし展望台へ登ってみることにしました。展望台への入場料は600台湾元。日本円で2000円ぐらいかな?台湾の物価を考えると、高い気がします。

台北101入場料

入場チケットと一緒に台北101周辺店舗の割引クーポンも手渡されました。台湾でマンゴー食べなきゃ!

台北101入場料

台北101の展望台へは2015年まで世界最速エレベーターとしてギネス認定されていたエレベーターに乗ります。東芝製だそうです。

ちなみに今の世界最速エレベーターは中国・広州市にある日立製のものだそうです。日本人はエレベーターの最速化が得意なんですね?

台北101エレベーター

展望台って「あ、あそこ行った!」とか位置関係とかが見れて面白いと思うので旅行の終盤に訪れるのがいいとは思います。私達は初日に行ったので街並みを上から見るだけで終わりそうだったのですが、この時おもしろいなぁと思ったのは、台北101で台風や地震の揺れ対策として使用されているマスダンパーを実際に見られること!

重さ660トン、直径5.5メートルのマスダンパーを間近で見ることができます。この時はほとんど揺れはありませんでしたが、このマスダンパーが揺れを吸収して台北101の安全を守っているそうです。

台北101 マスダンパー

101の後はホテルの近くに戻ってスーパーでお買い物!水やビールなどの飲み物やおかしを購入です。

私も皆さんと同じく、旅先では必ずスーパーに行って現地のものを眺めるのが大好き!その土地その土地の食文化や生活感が感じられて楽しいですよね♪

ヨーロッパで人気のあるKinderのチョコレートが売っていて、旦那さんは大喜び。そして台湾ではビールも安いので、旦那さんは再度大喜びw

台湾で買えるKinderチョコレート

お買い物を済ませてホテルで一休みしたら、晩御飯も兼ねて一大観光地の「士林夜市」へ向かいました。

こんな感じのお店がずらーっとひしめき合っています。本当にたっくさんあるので、何を買えばいいかワカラナイーー!そしてなんでカエルの絵なの!

士林夜市

夜になればなるほど人が増し、熱気を帯びてきました。どこからともなく臭豆腐や揚げ物などいろんなものが混じった匂いが漂ってきて、アジアの熱帯夜に包まれてきました。

臭豆腐、好き嫌いが別れますが私も旦那さんも無理ーーー!試してみたかったけどクッサーイ!笑

士林夜市

地下に飲食店街があり、お目当てのお店も地下にあるとのことで潜ってみました。こちらの熱気も半端ない!危うく客引きのおばちゃんにお店に連れ込まれそうになりました・・・笑

士林夜市

お目当ての台湾B級グルメがこちら、棺桶パン!(台湾では官財板と書くそうです)くり抜かれた厚切りトーストの中にいろんな具材のシチューや炒めものが入っているもので、台南からやってきて台北で広がりを見せたB級グルメです。

メニューには日本語が添えられていて、更にはスイーツ系もあるみたい!

士林夜市 棺桶トースト

棺桶パンをいくつか注文したら、まずは喉の渇きを潤します。この間にもお店のおばちゃんがものすごい勢いで客引きをしています。

士林夜市

棺桶パンがやってきました。パンの蓋を開けると・・・

士林夜市 官財板 棺桶トースト

いろんな具材をつめたシチューが入っています。こちらはツナサラダ。1つ60台湾元、日本円で200円ぐらいかな?

3種類ほど注文したのですが、だいたいベースがシチューという点で一致しているので3つは多かったかも。1つにして、他にも炒めものや麺類なども食べてみればよかったかな。

士林夜市 官財板 棺桶トースト

ちょっと油っぽいパンを3つも食べてしまったので、なにかさっぱりしたものでも飲みたいね、ということで偶然見つけたクラフトビアバー「Craft young」へ。

18時から20時までのハッピーアワーではビールが1杯199台湾元(600円ぐらい?)になるそうです。

士林夜市 クラフトビール

ハッピーアワー好きの旦那さんはご満悦♪

士林夜市 クラフトビール craftyoung

台北初日からたくさん歩いてたくさん食べたので、この日は早めにホテルに戻ってのんびりすることにしました。

台北2日目に続きます。

 

sponsored link



sponsored link